NPO:特定非営利活動法人国際プレゼンテーション協会
Google
問い合わせ このページを印刷する
プレゼンテーションって何?
IPS認定プレゼン講師資格制度
プレゼン公開講座
プレゼン・フォーラム
プロフェッショナル向け個人支援
プレゼン相談室
参考書籍
企業のお客さま
非営利団体のお客さま
ボランティア募集
会員募集
IPS会員専用メニュー
ログインする
プレゼンテーション準備の進め方
職業別プレゼンテーション・テクニック
プレゼンテーションFAQ
プレゼン・ワンポイント・アドバイス
プレゼン考現学
プレゼン・ジョーク集
ダウンロード・サービス
研究活動

プロフェッショナル向けプレゼン個人支援

 国際プレゼンテーション協会では、経営者、経営幹部、医師、大学教授、弁護士、政治家、コンサルタントなど、プロフェッショナルのための「プレゼン個人支援サービス」を提供しています。
 プロフェッショナルの方々のプレゼンテーションは内容が優れていることはもちろんのこと、それぞれのプロフェッショナリズムにふさわしい洗練されたスタイルと信頼性が求められます。そこで、協会ではこれまでの個人支援の実績を踏まえ、 個別の状況をお伺いし、適切な支援プログラムを提案し、そして、専門家の指導の下、みなさんのプレゼンテーションを成功に導きます。


プレゼンテーションを成功に導きます

 多くのプロフェッショナルの方々はプレゼンテーションの技術をマスターせずに、重要なプレゼンテーションに臨んでいます。今は「中身があれば…」というわけにはいきません。信頼に値する中身を信頼に値する方法で伝達しなければ、せっかくのプロフェッショナリズムが台無しになります。
 重要なプレゼンテーションを控えている方に、国際プレゼンテーション協会の「プロフェッショナル向け個人支援」をご活用されることをお勧めします。プレゼンテーションの専門家が一対一の指導をおこない、みなさんのプレゼンテーションを成功に導きます。

 プロフェッショナル向けプレゼン個人支援−目次

  1.支援対象
       プレゼン個人支援を活用いただける方の職業
  2.支援プレゼンテーションの種類
       さまざまなプレゼンテーションの機会、目的、テーマに合わせて支援します
  3.支援内容
       プレゼンテーションの戦略、シナリオ構築、デリバリー訓練、ビジュアル作成などの支援
  4.支援方法
       一対一の個人支援、電子メールによる支援、オン・サイトでの支援など
  5.指導コンサルタント
       各分野での実績を有したプレゼンテーションの専門家による支援
  6.支援費用
       プレゼン個人支援費用の目安、プレゼンテーション力診断費用、ビジュアル・スライド添削費用
  7.お申し込み、ご相談、お問い合わせ



 1.支援対象

プロフェッショナル向けプレゼン個人支援のプログラムは、下記の職業に携わっている方々を対象としています。

(1)経営者/エグゼクティブ(経営幹部)
(2)医師
(3)大学教授
(4)弁護士
(5)政治家
(6)教育関係者
(7)コンサルタント
(8)講演家
(9)その他、重要なプレゼンや講演を控えている方






 2.支援プレゼンテーションの種類

 プロフェッショナルの方々がおこなうプレゼンテーションの目的はさまざまです。たとえば、他社と差別化した新製品をプレゼンしマーケットで話題を沸騰させたい、経営のビジョンを浸透させ社員を一体化させたい、教授選で教授に選ばれたい、住民集会で政策についてプレゼンをおこない選挙に当選したい、学会で新しい学説を発表し広く社会に貢献したいなどです。
 協会ではさまざまなプレゼンテーションを成功に導くノウハウを蓄積し、その成果をみなさんに提供しています。


(1)ビジネス
経営方針の発表、企業ミッション/ビジョン発信、投資家説明会、新製品発表、記者会見、入社式、顧客へのプレゼン、テレビ出演など

(2)医学/医療
学会発表、講演会、ポスター・セッション、院内セミナー、外部セミナー、教授選でのプレゼンなど

(3)法曹
裁判員裁判における冒頭陳述/弁論、講演会、法教育における講義/対話型講義など

(4)政界
選挙演説、施政方針演説、委員会での質疑応答、記者会見、タウン・ミーティング、テレビ出演、民主教育における講義/対話型講義など

(5)教育界
授業における講義/対話型講義、学会発表、セミナー、教授選でのプレゼンなど

(6)その他
セミナー/講習会などの講演、会合の司会、取材・インタビュー、結婚式での祝辞、お葬式での弔辞、など





 3.支援内容

 プレゼンテーションに成功する最も重要な要素は、「プレゼンテーションの戦略」とそれに基づく「シナリオ構築」です。 聴き手はだれか、目的は何か、場所はどこか、などを分析、プレゼンテーションを成功に導く戦略立案をお手伝いします。そして、その戦略を実現するために、何を語るか、どのような順序で話すか、シナリオの作成を支援します。
  また、実際に聴き手を前にして、どのうように伝えるかデリバリーの訓練をおこないます。信頼を獲得するためのボディ・ラングエッジやアイ・コンタクト、さらには、どのような印象を与えるか服装や表情、振る舞い方などについてもアドバイスをいたします。
 プレゼンテーションでさらに重要なことは、自信をもって質疑応答に対応することです。もし、聴き手からの質問に答えることができなければ、せっかく積み上げてきた信頼が崩れてしまいます。質疑応答の適切な技術をマスターしていただきます。

支援内容は下記の通りです。

(1)プレゼンテーションの戦略立案支援
−成功するための戦略立案の支援
−聴き手分析、目的・目標分析、場所と環境分析
−競合分析(競合他社分析、立候補者の分析、勝つための戦略、負けないためのリスク対策など)

(2)シナリオ構築支援
−プレゼンテーションの戦略に基づくシナリオ構築支援
−3部構成による論理的シナリオ作成、聴き手の感動を引き出すエピソードの組み立て
−ストーリー・テリングの組み立て
−質疑応答技術
※スピーチ・ライティングもお引き受けいたします

(3)デリバリー支援
−言葉や表現の選択、非言語メッセージの使い方
−プロフェッショナル・プレゼンス(プロとしての印象作り:服装、アクセサリー、髪型、顔の表情、身体の動きなど)
−ビデオ/フォト撮影とフィードバック

(4)ビジュアル・スライド作成支援
−ビジュアル・ツールの選択アドバイス
−ビジュアル・スライドの作成支援
−ビジュアル操作の指導
※ビジュアルの作成もお引き受けします

(5)リハーサル支援
−プレゼンテーションの繰り返し練習
−ビデオ撮影とフィードバック/指導
− 直前のリハーサル指導

(6)プレゼンテーション力診断
−ご自身のプレゼンテーション力を多面的に診断します
−診断結果は診断書として提供します
−強みの活かし方、弱みの克服、改善方法、プレゼン力向上のヒントなどをアドバイスします





 4.支援方法

 多忙な方々のために、フレキシブルなスケジュールを設定しています。みなさんのご都合をお聞かせ下さい。

(1)面談による支援
−一対一の面談によるプレゼン戦略立案の話し合いと支援
−プレゼンテーションのフィードバック
−デリバリーの繰り返し練習やリハーサル

(2)電子メールによる支援
−シナリオの添削およびフィードバック
−ビジュアル・スライドの添削およびフィードバック

(3)オン・サイト(指導コンサルタントの派遣)での支援
※ご多忙な方には指導コンサルタントを派遣することもできます。

 






 5.指導コンサルタント

 協会の指導コンサルタントは、さまざまな分野のプロフェッショナル支援の実績をもっています。もちろん、IPS認定プレゼン講師資格を有しているいるプレゼンテーションの専門家ですので、指導の内容やクオリティについてはご安心していただけます。支援対象やテーマによっては協会の役員が指導致します。



 6.支援費用


(1)プレゼン個人支援
−支援費用はプレゼンテーションの内容や支援内容/方法によって 異なります。
−プレゼン個人支援をお申し込み後、状況をお伺いし、費用見積をご呈示します。
※費用の目安は、200,000円〜+消費税 になります。
※実際の支援は費用のお支払い後に開始します。

(2)プレゼンテーション力診断

−会員: 5,000円/1時間〜 +消費税
−一般:10,000円/1時間〜 +消費税

(3)ビジュアル・スライド添削
−会員
・基本料金:5,000円(ビジュアル・スライド10枚まで)〜 +消費税
・11枚目以上:500円/枚〜 +消費税
−一般
・基本料金:10,000円(ビジュアル・スライド10枚まで)〜 +消費税
・11枚目以上:1,000円/枚〜 +消費税
※上記金額にビジュアル作成費は含まれていません



 7.お申し込み、ご相談、お問い合わせ

プレゼン個人支援のお申し込み、ご相談、お問い合わせは下記へ