NPO:特定非営利活動法人国際プレゼンテーション協会
Google
問い合わせ このページを印刷する
プレゼンテーションって何?
IPS認定プレゼン講師資格制度
プレゼン公開講座
プレゼン・フォーラム
プロフェッショナル向け個人支援
プレゼン相談室
参考書籍
企業のお客さま
非営利団体のお客さま
ボランティア募集
会員募集
IPS会員専用メニュー
ログインする
プレゼンテーション準備の進め方
職業別プレゼンテーション・テクニック
プレゼンテーションFAQ
プレゼン・ワンポイント・アドバイス
プレゼン考現学
プレゼン・ジョーク集
ダウンロード・サービス
研究活動

 国際プレゼンテーション協会では、非営利団体のみなさまの崇高なビジョンやミッションの達成と円滑な活動を、プレゼンテーションの指導を通して支援しております。また、当協会はみなさんと同じ非営利団体として、より多くの人たちがプレゼンテーションの正しい考え方、知識、能力を身につけ、社会生活や仕事、人間関係での円滑な意志疎通を実現することに貢献しています。さらに、学校や教育機関でのプレゼン授業を担当し、次世代の人たちの発信力を高めるお手伝いもいたしております。


みなさんの熱意と講師の指導力が成功のキーワードです

 みなさんが開催されるプレゼンテーションの講演会や講習会、研修やセミナー、あるいは学校の授業は、日程や期間、あるいは時間数などの枠組みも大切ですが、プレゼン講師の質が最も重要です。受講者が受講して良かった、すぐに役に立つ、また受講したいなど満足度の高いコメントは、みなさんの情熱と意欲、さらに講師の熱意と指導力が実現します。
 国際プレゼンテーション協会はプレゼンテーションの専門機関として、 質の高い講師をみなさんの団体に派遣し、ご要望にお応えしています。
  貴団体において、プレゼンテーション教育や講師力向上/養成のご予定がありましたら、国際プレゼンテーション協会にご相談ください。最適なプログラムをご提案申し上げます。


 非営利団体のお客さま向けサービス−目次

   1.サービス提供対象の非営利団体
     公益/共益を目的とする非営利団体、政府機関、自治体、特殊法人など
    2.企画・運営、開催例
 
    (1)企画・運営のお手伝い、(2)講演/研修会などの開催例
        講演・講習会(単発)、研修/セミナー(1日〜)
   3.学校/教育機関向け
     (1)カリキュラム/シラバスの作成 検定試験の実施、面接試験対策
     (2)学校での授業例
        大学での授業例(通年、集中講義)、プレゼン授業(小4〜高2)、
        児童のプレゼン教室(小1〜3)、面接試験対策講座(中学3年生、高校3年生、大学生)
   4.講師派遣
     (1)協会からの派遣講師、(2)貴団体での講師養成、(3)講師の査定サービス
   5.費用
     (1)講師謝金、(2)交通費、(3)宿泊費
   6.これまでの実績
     IPS活動報告
   7.お問い合わせ〜実施まで
     (1)お問い合わせ/お申し込みから開催までの流れ、(2)お問い合わせ先

 1.サービス提供対象の非営利団体


  国際プレゼンテーション協会では、非営利団体の公益/共益性に沿って、特別プログラムやサービス、費用面での特典を提供しています。

下記内容をご確認いただき貴団体が対象かどうかご確認願います。
※ご不明の場合は協会事務局までお尋ねください。

●公益/共益を目的とする非営利団体
社会支援活動団体、学校、学校法人、病院、医療法人、社会福祉法人、介護施設、職業訓練施設、特定非営利活動法人(NPO)など
※政府機関、自治体、特殊法人なども対象に含まれます。


 2.企画・運営、開催例

(1)講演/研修会の企画・運営をお手伝いします
 みなさま方の団体で、プレゼンテーションの講演や講座、研修会、セミナーなどの開催をご検討されている場合、国際プレゼンテーション協会ではこれらの企画立案や運営のお手伝いをいたします。また、プログラムに最適な講師を派遣致します。お気軽にご相談下さい。

(2)講演/研修会などの開催例

 これまでの実績から典型的な開催例は下記の通りです。
※みなさまのご要望に合わせたプログラムをご提案します。

講演・講習会(単発)

項 目
内 容
テーマ
「プレゼンテーションの基礎−伝える力を伸ばす」
ねらい
伝える力の基本を学習しプレゼン力の必要性について学びます
形 式
対話型講義(受講者参加型の双方向講義です)
時 間
2時間〜3時間
人 数
10名〜100名(応相談)

        −テキスト/教材
          『自分の考えをしっかり伝える技術』
        
        テキスト/参考書籍の詳細およびご購入はこちらのページをご覧下さい

研修/セミナー(1日〜)

項 目
内 容
テーマ
「プレゼンテーション力養成」
ねらい
実践を通して、プレゼンテーションの基本的な考え方と技術を
習得します
形 式
対話型講義、実習や演習、グループ討議、講師評
時 間
1日(6時間〜)
人 数
10名程度(応相談)

        −テキスト/教材
          『自分の考えをしっかり伝える技術』
           『[新版]パーフェクト・プレゼンテーション』

          
          テキスト/参考書籍の詳細およびご購入はこちらのページをご覧下さい



 3.学校・教育機関向け

(1)カリキュラム/シラバスなどの作成をお手伝いします
 みなさま方の学校や教育機関で、プレゼンテーションの授業をご検討されている場合、国際プレゼンテーション協会ではカリキュラムやシラバスの作成、検定試験の実施(団体受験、個人受験)、面接試験対策までお手伝いします。また、プログラムに最適な講師を派遣致します。お気軽にご相談下さい。

(2)学校での授業例

 これまでの実績から典型的な開催例は下記の通りです。
※みなさまのご要望に合わせたプログラムをご提案します。

大学の授業例(通年、集中講義)

項 目
内 容
テーマ
「プレゼンテーションの基本的理論と技術」
ねらい
プレゼンテーションの基本的な理論と技術を学習し、意思疎通を促進する能力を養成します
形 式
対話型講義、実習や演習、グループ討議、講師評、繰り返し練習
時 間
90分/1コマ×8〜15コマ
※講義修了時にプレ検(プレゼンテーション検定試験)の受験も組み合わせ可 (「プレ検3級、2級受験」)
人 数
必須科目、選択科目として学年単位

       ※就職/進学面接試験のプレゼン力向上もお手伝いいたします。
       ※プレ検については、プレゼンテーション検定試験のページをご覧下さい。    
       −テキスト/教材
        『[新版]パーフェクト・プレゼンテーション』
        『プレゼン・バイブル』

       
       テキスト/参考書籍の詳細およびご購入はこちらのページをご覧下さい 

プレゼン授業(小学校4年生〜高校3年生)

項 目
内 容
テーマ
「伝える力を伸ばそう」
ねらい
自分の考えや体験を相手の立場に立って伝える力をつける
形 式
調べ学習、みんなで話し合って考えよう、発表
時 間
90分〜/回、単発/複数回の授業
人 数
クラス単位、学年単位

      −テキスト/教材
        『子どものための発表力トレーニング・プリント』

        
        テキスト/参考書籍の詳細およびご購入はこちらのページをご覧下さい

児童のプレゼン教室(1年生〜3年生)

項 目
内 容
テーマ
「伝えてみよう」
ねらい
自分の考えや体験を、相手の立場に立って伝える力をつける
形 式
プレゼン・ゲーム
時 間
90分〜/回、単発/複数回の授業
人 数
クラス単位、学年単位

        −テキスト/教材
         『プレゼン・チャレンジ・シート』        

             

         ※協会ではプレゼン・キッズの活動をおこなっています。
            詳細はプレゼン・キッズのページをご覧下さい。

面接対試験策講座(中学3年生、高校3年生、大学生)


項 目
内 容
テーマ
面接試験対策講座
ねらい
志望校(会社)の選定、志望動機のシナリオ作り、面接でのデリバリー
形 式
集合授業+個別支援
時 間
90分〜/回×6回
人 数
20名〜30名

        −テキスト/教材
        『自分の考えをしっかり伝える技術』
        『[新版]パーフェクト・プレゼンテーション』
        『プレゼン・バイブル』
        
        テキスト/参考書籍の詳細およびご購入はこちらのページをご覧下さい



 4.講師派遣

(1)協会からの派遣講師
  国際プレゼンテーション協会では、みなさんのご要望にお応えするために、プレゼン講師を全国各地に派遣しています。 派遣講師は協会の役員及びIPS認定プレゼン講師の資格を取得していますので、安心してご依頼いただけます。

(2)貴団体での講師養成
 また、貴団体において講師を養成される場合、当協会の講師養成講座のプログラムを活用されることをお勧めします。

 講師養成講座の詳細は、「IPS認定プレゼン講師資格制度」のページをご覧下さい。

        

(3)講師の査定サービス
※貴団体が、他の教育団体や個人に講師派遣を依頼される場合、派遣される講師の知識や能力に不安をお持ちではないでしょうか。国際プレゼンテーション協会では、貴団体の依頼に基づいて当該講師の査定をおこないます。そして、その結果を報告書として提示いたしますので、適切な判断を下すことができます。
※査定項目:講師自身のプレゼン力、プレゼンに関する知識力、プレゼン指導力、講師の適性など
本サービスの詳細については協会事務局にお問い合わせ下さい。


 5.費用


(1)講師謝金
依頼団体や学校の規定に沿ってご相談に応じます

(2)交通費
講師の実費全額をご負担ねがいます

(3)宿泊費
実施時間(開始、終了)により宿泊が必要な場合は講師の宿泊の実費をご負担ねがいます




 6.これまでの実績

国際プレゼンテーション協会では、これまで長年にわたってさまざまな非営利団体のお客さまにプレゼンテーションの教育や支援を提供して参りました。
定期的に活動報告を公開していますので、下記をクリックしご覧下さい。






 7.お問い合わせ〜実施まで

(1)お問い合わせ/お申し込みから開催までの流れ

 1.お問い合わせ/お申し込み

 2.協会事務局とのお打ち合わせ

 3.プログラムのご提案、講師の選定

 4.ご決定 (正式なご依頼)

 5.実施準備

 6.実施

 7.受講後アンケート/実施報告のご提供


(2)お申し込み/お問い合わせは下記まで